募金募集要綱

同志社校友会
同志社校友会 熊本県支部

■ 趣旨

「平成28年熊本地震」は、震度7の連続発生をはじめ、いまなお終息の気配がない余震、さらには熊本県民の1割を超える人たちが避難を余儀なくされるなど、過去に例がない異例づくめの災害になりました。そんな中、同志社ゆかりの施設も被災しました。熊本バンドの若者を育てた熊本洋学校教師・ジェーンズの住まい「ジェーンズ邸」が全壊。新島襄から贈られたカタルパの木で知られる「徳富記念園」も建物が傾くなど、各施設の被害は深刻です。とりわけ、熊本県指定の重要文化財で熊本最古の洋館であるジェーンズ邸は、復旧の目途さえ立っていない状況です。そこで、全国の同志社校友・関係の皆様にお願いです。同志社ゆかりの各施設が一日も早く再興されますよう、ぜひともお力添えをください。

 

倒壊前、倒壊後
《熊本地震による各地の被害は下記でご報告しております。》

・同志社ゆかりの地の状況
ジェーンズ邸崩壊   http://www.kumamoto.doshisha-alumni.org/archives/1682
   徳富記念園  http://www.kumamoto.doshisha-alumni.org/archives/1698

・同志社大学 ボランティア支援室 学生の活躍   http://www.kumamoto.doshisha-alumni.org/archives/1722

■ 募金の名称

同志社ゆかりの地の建造物等に対する支援金
【 熊本地震 同志社ゆかりの地 基金 】

■ 支援対象

ジェーンズ邸、徳富記念園

■ 募金目標

1,500万円

■ 募金期間

2017年9月末日
募金活動終了後募金額は「熊本市文化財保存修復基金」へ一括納金いたします。

■ 口座名称

【熊本地震同志社ゆかりの地基金  代表 木下智夫(キノシタ トシオ)】

■ 振込窓口

  • 肥後銀行本店営業部 普通預金 2535299
  • 熊本銀行本店営業部 普通預金 3129192

※誠に恐れ入りますが、振込手数料が発生する場合はご負担をお願いいたします。

■ 募金に関する税制措置

銀行振り込みによる募金の場合、税制優遇措置の適用が受けられることを確認しております。振込みをいただいた寄付金は、個人の場合は「特定寄付金」、法人の場合は「国等に対する寄付金」として取り扱われ、税制上の優遇措置の適用を受けることができます。この募集要綱は申告の際に必要ですので、銀行の振込証とともに大事に保管してください。
尚、今回の振り込みご支援に対しまして、礼状を発送いたしませんが、ご容赦いただきますようお願いいたします。

 

■ 支援金バナーに関するお問い合わせ先

本部事務局 熊谷まで
info@doshisha-alumni.org / 075―251―4393