支部長挨拶

2018年度スタートにあたって

同志社校友会 熊本県支部長 松前 眞

 

4月14日(土曜日)に開催しました県支部総会を無事に終えることが出来ましたのは、会員の皆さま方のご協力のおかげと感謝しております。
さて、当日の松岡敬同志社大学長の講話にもありました様に、今年から創立150周年に向けた「同志社大学ビジョン2025」のプロジェクトが、いよいよ本格始動します。「躍動する同志社」がテーマの同ビジョンの成功は、今後7年間の取り組みにかかっていると言えるでしょう。
「ビジョン2025」は、ハード面では図書館や学生寮の建設、ソフト面では「学びのかたち」「研究力」「人材育成」といった大学の資的向上だけでなく、大学の「国際主義・交流」グローバル化を意識した、まさに創始者・新島襄が掲げた良心教育の大計といえるものです。
すでに、取り組みの基礎を築く募金活動が始まっています。熊本県支部としましてもオール同志社の一員として、母校発展のために、できる限りのお手伝い、ご協力を今後の支部活動のメインテーマとして考えています。
ところで、この4月で熊本地震発生から丸2年たちましたが、私たち県支部活動の大きな取り組み課題でありましたジェーンズ邸の再建が、お陰様で2021年で決定しました。この2年間の県支部の皆様のご苦労が、報われたとの思いでホッとしております。また、先月全国及び海外の校友会支部や大学関係者等から寄せられました浄財・ジェーンズ基金1500万円を、京都から来ていただいた中村校友会副会長から大西熊本市長に寄贈していただきました。
今年も、熊本県支部活動予定は、多々ありますが、若い方々の参加も増えてまいりましたし、今後とも校友会皆様のご協力・ご支援、宜しくお願い致します。
(了)

 

 


 

    

 同志社校友会 熊本県支部 役員 
 
           
    任期  2020年4月総会まで  
       
支部長 松前 眞 S48年 文学部 本部評議員
           
1 副支部長   中西 雄一 S48年 文学部 本部評議員・統括
2   柿原 久也 S47年 商学部 総会担当
3   内村 公春 S47年 文学部 早天祈祷会
4   原田 信輔 S51年 法学部 催事担当
           
相談役 木下 智夫 S44年 商学部 本部理事
1 幹 事 越智 壮 S44年 商学部  
2   村上 建二 S44年 法学部  
3   清田 ひろみ S46年 法学部  
4   鍋島 徳子 S46年 文学部  
5   宮下 和義 S48年 経済学部  
6   高森 毅 S50年 経済学部 HP編集長
7   松岡 勝徳 S51年 法学部  
8   釘宮 律也 S51年 商学部  
9   松井 浩 S52年 文学部 ジェーンズの会担当
10   竹田 珠一 S55年 工学部  
11   阿部 英樹 S57年 神 院  
12   米村 康弘 S59年 文学部  
13   末廣 淳 S59年 法学部  
14   三浦 弘文 S61年 経済学部  
15   下山 薫 平2年 法学部  
           
  会計幹事   増田 剛 平10年 商学部  
  監 事   岩立 康也 S61年 法学部  
    島村 周作 平15年 商学部  新任
           
  事務局長   森永   久  S50年 経済学部  
           
1 顧 問   足立 國功 S43年 工学部  
2 顧 問   三原 誠治 S35年 法学部